くろたかの目指せ!中小企業診断士

独学で中小企業診断士を目指す中年のブログです。まあ、モチベーションを維持して頑張ります。

うーん、ロビンちゃんも紹介する

くろたかです。
ブログのアクセス数を見ておりますとなぜかずっと一定のアクセス数がある記事があるんです。
それは、この記事↓

今まで色々と懐かしい特撮物などは取り上げているのですけど、これだけは常に一定のアクセスがあるんです。
これはまさか、特撮物のヒロインには一定需要があるってことでは!(自分なりに発見)
ってことで、特撮物のヒロインと言えば「がんばれロボコン」のロビンちゃんではないかと。(そうかな・・・)

↑これこれ愛らしいでしょ


その前にロボコン自体を説明

〇かんばれロボコンの物語(※ウィキペディアを参照させて頂きました。)
ロボット学校に通っているロボット達が人間社会に派遣され、世のため人のために働きながら一人前のロボットに成長していく過程を描いたもの。主人公のG級ロボット・ロボコンは、常に失敗ばかりでガンツ先生に怒鳴られてばかり。しかし、それを乗り越えてA級ロボットに成長するための努力を惜しまない。

↑原作は仮面ライダーの石ノ森章太郎さんです。
まあ、出来の悪いロボットが懸命に頑張りながら成長していく(そんな感じだったか?)話なんですね、今更ながらロボコンって大山家に派遣されてたんだな(汗)


では今一度ガンツ先生率いるロボットたちを見てください。

↑いやーバラエティーに富んでますね。
その中にいるロビンちゃんは、バレリーナ型のロボットなんですね。
役柄ではロボコンが大好きなヒロイン役なのですが、バレリーナ型って何の需要が(笑)
それにどう見てもロビンちゃんだけ他のロボットたちとはビジュアルが違いすぎ。


↑全然違いますよね、厳しいガンツ先生もロビンちゃんには優しかったような・・・。
ロビンちゃん役の島田歌穂さんは、当時はテレビを見ている子供たちの夢を壊してはいけないとロビンちゃんの恰好で撮影中は、ロボットだからと食事やトイレも我慢していたとか。(すごい役者根性ですね)
島田歌穂さんは、今も現役で舞台などで活躍されています。
当時の特撮物は、突っ込みどころ満載とは言え、今見てみるとキャラクターも愛嬌があって良いものですね。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。