くろたかの目指せ!中小企業診断士

独学で中小企業診断士を目指す中年のブログです。まあ、モチベーションを維持して頑張ります。

うーん、故人の想い、ご家族への気持ち

くろたかです。
今日は、一日非常に複雑な想いでした。
会社から正式に連絡が全くありません。
すでに人づてで何人かの人や客先には伝わっているようでそれでも会社からの連絡がないために私は何も発信することが出来ませんでした。


私が家族なら死因が死因だけに葬儀は身内でだけで済ませたいと思うでしょう。
しかし会社としては、現役の所長ですから客先への通達や社員への通達もしないわけには行きません。
恐らくその辺りで調整がかかっているのだろうと思います。
管理部長は、元上司ですからその辺りの気持ちは理解できます。


Fさんには、本当に上司としての基本的なことを沢山教えて貰いました。
Fさん「おい、くろたか飯行くか!やっぱ一緒に飯を食わないとな。飯も一緒に食ったことないやつといい仕事はできないぞ。」
Fさん「くろたか、景気悪そうだな、何かついてるんじゃないのか。ようし次の休みに高幡不動に行ってお祓いでもしに行くか。」
Fさん「なんだ、くろたか また休出か。休みの日は思い切って休まんとな。都庁とかスカイツリーとか浅草とか行ったか?仕方ないな~俺が連れて行ってやるよ。」


年齢こそ私より下でしたが所長経験が長いFさんは、兄貴みたいな人で。
奥さんとの間に子供さんもいなかったのでいつも若い社員と遊んだり、奥さん想いのいい旦那さんでした。
Fさん「うちの嫁さんにくろたかと飲まないかって言ってみたんだよ。将来俺と会社を変える仲間だって言ったんだ。そしたら、わざわざ会わなくてもそんな関係ならこれからいつだって会えるから良いよって笑われたよ。」
そう言っていつも笑っていたな、うちの嫁さんはスーパーキャリアウーマンだったんだぞってよく奥さんを自慢していた。
まさかこんな事情で会おうとは・・・。


一日経ってみるとFさんとの思い出ばかりが頭を駆け巡る。
毎年一回は、二人で飲もうと言って今年も正月から飲みに行ったのに。
来年の正月明けはどうするんだよ、なあFさん。





×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。