くろたかの目指せ!中小企業診断士

独学で中小企業診断士を目指す中年のブログです。まあ、モチベーションを維持して頑張ります。

うーん、明日から仕事

くろたかです。
日曜日ということでゆっくりと仕事が出来ました。
まあ、一日前から出るくらいがちょうどいいんですよ、いきなりエンジン全開ってわけには行かないので。


明日は、初日というのに東京の所長と今後の客先展望について打ち合わせといきなり濃い内容です。長くなるな・・・。(滝汗)


一通り今日やることを終えたので周りを見渡してみました。
皆長期休暇ということで机はきれいです。
私を覗いて(笑)


ある紙切れが目に入りました。
電話に張ってあるのです。
以前から何度か書いている今年の新人Y君の席です。


↓ちょっと前の情報はこちら
うーん、新人歓迎会 - くろたかの目指せ!中小企業診断士


大勢と会う新人歓迎会などは無難にこなしていましたが実務を始めるとなると
話は別です。
ソフト業務は遅いながらも覚えて行っているようですが、日頃新人が交代で行っている電話対応がかなり厳しい状況です。
何と言うんですかね、とっさに判断が効かないのは良いのですが、完全に固まってしまう部分があるんです。
客先からの急ぎの電話などは、困りますよね。
周りには、あくまでも差別的な対応はするなと言っているので彼も普通の新人と同じく各日で電話の応対をやっています。
ただ、本人の希望で最近はずっと彼が電話応対をしているようです。
少しは苦手を克服したいと彼自身が申し出たようです。


結構厳しいことも先輩から言われているようですが、私は黙って見ています。
一度だけ大事な常務からの電話を焦って切ってしまい、周りからかなり言われていたのでその時は少しだけ話しました。
切ったことは仕方ない、それは私が謝れば良いことです。
でも私は彼が悩んでいる時の対応と時間の長さが気になりました。
くろたか「良いかY君、会社は一人でやるんじゃない。判断できないときは助けてくれと周りに言うことも必要だぞ。勿論君には成長して欲しいけど、何でもかんでもできなくて良いんだよ、出来るのは専門分野だけで良い。後は、自分で仕事を止めないことを覚えて欲しい。我々は仲間だし君は新人だから出来ない、分からないことはもっと助けを求めて良いんだよ。」


写真は実際に電話に張ってある紙です。
紙にはこう書いてあります。

「保留ボタンの押し忘れに注意 確認を怠るな」
きっと先輩に何度も言われたんでしょうね。
「分からなかったら助けてもらう、聞くこと」
これは私が言ったことです。
彼らしい・・・、こういうくそ真面目なとこを笑う人もいるけど大事なことですよ。
一つ一つでいい、ゆっくりでいい、ただ諦めずにやっていれば、皆はそれを見ている。
出来ないことは、出来る奴が助けてやればいい。
明日からいよいよ、連休明けです。
皆元気に出てくるかな。




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。