くろたかの目指せ!中小企業診断士

独学で中小企業診断士を目指す中年のブログです。まあ、モチベーションを維持して頑張ります。

うーん、相手を大事に思う

くろたかです。
本日は、大阪からくる出張組の受け入れ。
それと所員の祖母が無くなり弔電を打つために会社にいます。
まあ、休みと言えども色々ありますよね。


ふと一人になると考えることがあります。
同じ言葉でもちょっと相手のことを考えて言えばどれだけ違うんだろう。


例えば、休暇中に不幸がある。
私は、帰省中。普通に考えると処理などできない。
でも所員はちゃんとリーダーに連絡を入れ、リーダーは私に連絡をくれる。
聞いた瞬間は、頭をよぎる。
え~休み中なのに、面倒な話だな。
でも相手の所員の気持ちも考え、間に入ったリーダーのことも考える。
所員にはお悔やみと弔電を打つので休み中申しわけないけど色々と教えて貰えるかと連絡。
連絡を取って貰ったリーダーには、休みなのに申しわけないなと一言。
私は少し早めに東京に戻る、たったそれだけで皆快く対応が出来る。
一人でも自分の都合でなんだよ面倒だなって思ったらこうはならない。


家族や友人にだってそうだ。
相手は自分のことを考えて何かをしてくれたとしよう、でも自分にとってそれは大してありがたい事じゃなかった。
それを相手に伝えるだろうか?
「それって全然いらないけど」
「ありがとう、でも今は良いよ」
「うん、ありがとう」
三種類の言葉がある。
自分にとっての答えは一つでも、相手には少し考えて最後の言葉を言うようにしたい。
優しさとかそんなきれいなもんじゃない。
今後相手に何かを求めるなら求める相手のことを大事にすることだ。
その人の言葉、態度、気持ち・・・たったそれだけのことで相手も自分のことを大事にしてくれる、簡単なことなんだ。


過去の取り戻せない時間も確かにあるのだけど・・・。






×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。