くろたかの目指せ!中小企業診断士

独学で中小企業診断士を目指す中年のブログです。まあ、モチベーションを維持して頑張ります。

うーん、社長って

くろたかです。
本日は、THE接待!
っと言いながらもこちらは所長と言ってもサラリーマン。
前日に自宅移動、朝一番での出社。
まずは、自社の役員にあいさつ回り。
本社ですからね、常務、管理部長、総務部長、事業部長、システム部長など怖い方ばかり。
続いて本社各部長殿に情報収集。
3部門ありますからね・・・まあこれだけで午前中は確実に終わる。


それから昼からは、同業の方々とミーティング。15時に接待相手の相手社長をお出迎えして社長との会談にお付き合い。
その後は、相手社長を社内案内してその後は、親睦会場に。


まあ、何よりも疲れる両社長の相手。
若い子なんかは、社長がなんだよって感じなんですけど(僕もそうだったから良く分かる)
まあ、相手は気を使われるのが当たり前の世界で生きている方ですからですからね。
あまり遠慮し過ぎるのも嫌がられるけど、必ず一線おいて立てるところは立てないと。


こういうの最初慣れなくてね。
元上司(現管理部長)に聞いたことがあります。
くろたか「社長ってのは神様みたいに思わないといけないのですか?」
元上司「神様?・・・神様には我々はお賽銭を入れるよな。」
くろたか「は・・・お賽銭ですか」
元上司「社長は我々に給料をくれている、労働による対価だろうって偉そうにいう奴がいるが、いくらくれるかも社長が決めてるんだ。そのおかげで家族の生活が成り立ち、自分も生活できている。それだけ頭に入れて接していればいいよ。」


くろたか「あの・・・ちょっといいっすか?」
元上司「なんだ」
くろたか「で、結局神様みたいに思っておけばいいんですか?」
元上司「お前は、本当に・・・」
小言 15分(滝汗)


明日は、立てるべくは立てて一日を過ごします。
まあ、でも相手の立場に立ってどう迎えるかですよね・・・おもてなしってのは。

↑懐かしすぎない?



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。