くろたかの目指せ!中小企業診断士

独学で中小企業診断士を目指す中年のブログです。まあ、モチベーションを維持して頑張ります。

うーん、東京のプライド(その3)

またまた、昨日の続きね。


東京の所長は、O所長といいます。
私と同い年、昔から所長候補と言われている生え抜き社員、いわゆる上に可愛がられて成るべくして所長になった人。
まあ、私とは正反対ですね(滝汗)


電話で話してみると今までのように覇気が感じられませんでした。
以前は、お前には負けないぞ!って感じがしたんですけどね。


くろたか「O所長、お願いがあるのですけど」
O所長「人ですよね・・・」
くろたか「その通りです、少し助けてもらえませんか?」
O所長「でも業務も違うし、ツールも違うし、それに仕事がない間だけというわけには行かないでしょう・・・」


超はぎれわるい・・・分かるわ~役員がいらいらするの。


くろたか「所長、ではその面倒な調整ごとは全て私がやる。売り上げも上がる。期間も相談に乗ると言えばどうですか?」
O所長「役員に何か言われたんじゃないですか?そんな、うちに都合のいいことばかり言うわけには・・・」


だから今みたいになるんだよ!って言いそうになりました(滝汗)


なるべく冷静に説明しました。
1.現状、協力企業の人員減で総業務量が減ると他コンペチに隙を見せることになり、現状この打撃は、今後の勢力分布において非常に大きいこと。
2.大阪でも20名ほど業務をしているが、距離の問題でコミュニケーションで苦労している部分が多々有ること。
3.現在の八王子には元東京の所員も数名してその数名がリーダーとして活躍している。現状、人員不足で苦労しているのは、まさに元O所長の後輩なのだということ。


くろたか「以上のことから私は自部門のことだけを考えて貴方に提案しているのです。確かに役員から多少のことは言われました。でもそんなことだけで私は動かない。どうです?純粋に私と私の部下を助けてもらえませんか?」


電話の声が止まります。
しばらくしてから、O所長はゆっくりと話し始めました。


O所長「くろたか所長、お気遣いありがとうございます。やはり役員に言われたんですよね。私には、今の所長の立場にいて、現状低迷している私に頭を下げることはできません。何度も言われたんです、くろたかに頭を下げて仕事をもらって来いと。でも僕はやらなかった。でも今、役員の言っていたことがようやく分かりました。」


くろたか「・・・・そうですか。でも勘違いしないでくださいよ。私は本当に困ってるんだから(笑)」


O所長「そうですね(笑)、役員からもそちらが大変なことは聞いています。やりましょう、いつまでになるかは分からないけど、早速リーダーを人選します。」


勢いをつけようとリーダー全員にそのことをメールで伝える。
CCには、役員とO所長も入れておいた。
いつもならそれで終わり、でもO所長は自分のコメントを足した文面を自分の部下と我々に送り返した。


あるリーダーから電話があった。
リーダー「所長、東京の先輩から電話がありました。やるからにはとことんやろうって、今までとは全然違う気合いみたいなものを感じます。」


誰だって、毎日楽しんで仕事がしたい。
忙しいのは嫌だけど、充実してるなら皆明るいし一体感も生まれる。
大事なことは、数字だけじゃない。
目標を持ち、皆で取り組み、皆で充実した毎日を送り、結果的に副産物として数字が出ることだ。


まだまだ、今期が始まって半年だけど。
今年は、全て最終的にはいい方向に向いてるような気がする。
まあ、仕事だけだけどね(笑)




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。