くろたかの目指せ!中小企業診断士

独学で中小企業診断士を目指す中年のブログです。まあ、モチベーションを維持して頑張ります。

うーん、義を貫いてこそ 風は吹く

くろたかです。
以前ブログに書いた7名の派遣者が一度に引き上げるという話。
↓詳細はこちら。
うーん、ここが一つ正念場 - くろたかの目指せ!中小企業診断士
本当はおかしいのですが、期間が過ぎてから契約書が届きました。
GW前のことです。
4/21~6/20までの契約期間です。
ふと違和感がありました、派遣単価がそのままです。
確かに一気に1000円アップは無理だとしても通年に100円アップは、最初の担当者に約束した条件。
たとえ担当者が変わり、たった二カ月の期間だとしても約束は約束。
私は、単価を上げた契約書を出してくれとメールしました。
人が変わったとはいえ社として約束したことを状況が変わったからといって守らないわけには行かない。
御社の社員には、この一年十分に頑張って頂いた。
それを評価しないのは、彼らに対して筋が通らないし誠意をもって対処したい。


部下には呆れているものもいました。
その分の売り上げがあれば、少しは成績も上がるかもしれないのに。
どぶに金を捨てるようなものだ、そういう人もいました。


確かに利益は大事です、細やかな経費管理や少しでも利益を追求したい気持ちは、それはそれで筋は通ります。
でも私は、真っ向勝負で皆と勝ちたい。
我々はいつも通りの我々流で義を貫いて勝利をつかみたい。
そうしなければ、無理をしたりずるをしたりではこの先も続かないと思うので。


今日、派遣会社の担当から電話連絡がありました。
担当「先日は、まことにありがたいメールをありがとうございました。私どもの期の区切りは9月でございます。本日東部地区の責任者に9月までのご契約継続の承諾を取ってまいりました。今更都合のいい話ですが継続のご契約は可能でしょうか。」


可能に決まっています、一度に7人などこちらは手配できるはずがない。
担当「それと責任者と相談したのですが、9月に移動するのは4名ということで3名は残そうと思います。それも可能であればご了解いただけないでしょうか。」


くろたか「それは、こちらは大丈夫ですが何か状況が変わったのでしょうか」
担当「私どもの現在の東部総括マネージャーは、以前の貴社の担当者でございます。勝手ではありますが、私に送って頂いたメールを総括に転送いたしました。」
担当「変わってないな、あの人はと言っておられました」
くろたか「利益の部分はよろしいのですか?」
担当「正直きついですが、一度にすることはないと思うのです。私どもにもそれなりの想いというかこだわりもありますので」


もろ手を挙げて喜ぶまではいきませんが減員の速度は弱まりました。
少しづつでも増員を続けて、少しづつ交代して行けば売り上げへの影響は最小限になりそうです。


確かに交代すら厳しいですが、一度は全員いなくなる状況を想定していたのでリーダ達は、これなら今期は勝負になると勢いが戻って来ました。
何の障害もなく相手の追い上げにびくびくするよりも一度谷底に落とされたことで皆におごりはなく、やれそうだと逆に勢いづいています。

↑そうそうまさにこんな感じ


これならあと半年持ちそうな気がする、今のこの勢いなら。
あと半年だ、待ってろよ、悪代官!
↓悪代官情報はこちら
うーん、悪代官の大号令 - くろたかの目指せ!中小企業診断士






×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。