くろたかの目指せ!中小企業診断士

独学で中小企業診断士を目指す中年のブログです。まあ、モチベーションを維持して頑張ります。

うーん、内定辞退

くろたかです。
休み前に入社試験をした子から電話がありました。
察しは付きました、電話の声がもう違うのです。
「他にこれをやりたいってことができましたので申し訳ありません」
大方、ネットでそう断れば無難だって見たのでしょうか。
その子は、最初は全然ダメでした。
何を言っているか全然わからない、僕はその子のためだと思って色々と言いました。
何度か会社に呼んでレクチャーもしました。
まあ、いつものことです(笑)
彼は飲み込みがよく試験の面接では、まるで別人のような落ち着きでした。
でも同時に違和感も感じたのです、これは他でも行けるなと。
予感は当たっていました。
「貴社の内定を辞退したいのですが一体どうすればいいですか?」
そんなことを唐突に・・・本当に失礼な話です、でも今はそれが当たり前の世の中です。
念のために本社に確認をしました。
わが社としては文面で合格を伝えたのだから、断るなら一文位返すのが筋だろう。
もっともです、私もそう思いました。
彼に電話をしました、それを伝えます。
もう関係ないから無理を言われているのだと感じたのか面倒な口調です。
最後に私はこう言いました。
くろたか「縁はなかったけど、色々と話して君って人は良く分かった。これをやりたいってことが見つかってよかったね。諦めずにやりきるんだよ、就職おめでとう。」
「ああ、いえ・・・ありがとうございます。頑張ります。」
最後にようやく私の知る彼の声が聞けました。


今の子って10社くらい受けるみたいです。
そのうち何社か受かったらその中からどこにしようって親と決めるらしい。
私も親だから分かります。
そりゃあ、言いますよ。大手が無難だよって。
子供の将来がかかってるのに無難な方を選びます。
教授もそう言っていました、大手の方が、聞いたことある会社の方が、CMやってる方がって大体の親はそういうと。
でもそれがいけないのかもしれない。
大手を決めるってことじゃなくて、親に相談して親が決めるってことですよ。


考えてみてください。
今の時代って入社して三年の間にその40%以上が退社するらしいです。
そりゃあ、しますよ。
誰だって思いますよ、仕事で何かにぶつかったときに、あの会社にしとけば良かったって、皆さんもあるでしょう、仕事がうまくいかない時って。
自分は、悪くない。親が言ったことが間違えていたんだと。
最初から自分に逃げ道のあるスタートなんて・・・・。


それを今どきの若いやつはっていう人も多いけど、今どきの社会って作ったのは我々ですからね。
彼が語っていたことが、本当であればそれが一番なのだからと今日は思いました。
ただ、それがわが社でなかったのは残念です。
結構へこむんですよね、一人一人に真剣勝負なんで。
うーん、愚痴っぽくなってしまったな。

↑誠意って何かねって言いたくなるな(北の国から世代)



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。