くろたかの目指せ!中小企業診断士

独学で中小企業診断士を目指す中年のブログです。まあ、モチベーションを維持して頑張ります。









うーん、掲示板で泣いたこと

くろたかです。
私は、昔掲示板をよくやっていました。
今もちょくちょくやっていますけど昔ほどではありません。


もう10年以上前でしょうか、とある掲示板がありました。
出会いの掲示板です。
一人の女性が毎日のことをつづっています。
初めは、おはようとか、単なる挨拶、仕事の愚痴。
そのうち一人の男性が来ました。
毎日のように続く二人のやり取り、お互いどこ住んでるのかも分からない状態のままやり取りを続けます。
僕も途中で入ろうかと思いましたが、案外入りずらいんですよね二人の世界になると。


女の人は、水商売系の職業だと書いていました。
男性は、本当に大人しそうな感じの人で二人の掛け合いは、完全に女性ペース。
でも二人は、掲示板だけで出会いはしなかったらしく、日々の愚痴や他愛もない会話だけが掲示板上でかわされていました。


その時からちょくちょく女性側の最近調子が悪くてというコメントがちらほらありましたけど。
ある時を境に女性側の書き込みが無くなりました。
あー男でもできたのかと私は思いました。
その板には、男性だけが独り言のように書き込み続けて1カ月ほどが経ちました。
そこにまた女性が戻ってきたのです、実は病気になり入院していたのというのです。
新しい病院では、携帯での書き込みが出来るのでとかなんとか。


文面からいつもの彼女の文章でしたが、病状はかなり重そうでした。
暫くして二人の間の空気が変わっていくような気がしました。
きっと二人とも出会いたくなったのだと思いました。
さっさとメアドを板でやり取りすればいいのに・・・。
ずっと板で書きながらやり取りしてるので、これって真剣にやると彼女の入院してる病院とか彼の職場とかも分かるんじゃないかと心配になりました。


そしてようやく出会いの日、彼は彼女の病院にお見舞いに行きました。
そこからは、お互い親密な感じで書き込みは続きました。
毎週のように彼は、彼女の見舞いに行ってるようでした。
そして書き込みが1か月ほど続き・・・書き込みは途絶えました。


2週間後、書き込みが再開しているのを見て私はびっくりしたのです。
たった、二つの書き込み。
一つは彼女、もう自分はこれ以上書き込みが出来ない状態にまで病状が悪化してしまった。
末期癌だと書いていました。
糞みたいな人生だったけど最後にこの人に出会えて良かった。
顔は全然好みじゃないし、優しいだけしか取り柄の無い人だけど。
もし生まれ変わったら絶対にこんな人と一緒になりたいって。
そして最後にごめんね、一度くらいあなたに抱かれたかった。
こんなになってからでごめんね。
どれだけの人が見てくれているのか分からないけど、私は今が最高に幸せです。
さようなら。


最後に彼の言葉がありました。
〇〇は、最後は安らかな笑顔でこの世を去りました。
僕は、ブサイクで障害もあるので今までろくな人生じゃなかったけど〇〇に会えて本当によかった。この2週間は会社を休んでずっと〇〇と一緒にいました。
この2週間だけで僕はこれから生きていける、そう思えるほど幸せだった。
今までこの板を見てくれてありがとう、誰か他にも見ていてくれたのかなと思い、二人で相談してこのコメントを書きました。
彼女の分は、僕が彼女のIDでログインして打ったものです。
本当にありがとう、そしてさようなら。


文章の最期には、なんと本名が書いてありました。
書いてある女性の名前も本当でしょう。
私が気付いたときには、書き込み後1日位経っていました。


びっくりしました。
僕もそう思ったのですが、恐らく沢山の人がその掲示板を見ていたのです。
たった1日でその後のコメントには、100以上のコメントが付いていました。
全てが彼女へのお悔やみと彼へ本名を伏字にするようにとのコメントでした。


彼の意志なのか、誰かが通報したのか。
そのコメントは、消えました。
暫くしてそのトピックスも消えました。
嘘かもしれないと書いている人もいましたけど、僕は本当だと思いました。






×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。