くろたかの目指せ!中小企業診断士

独学で中小企業診断士を目指す中年のブログです。まあ、モチベーションを維持して頑張ります。









うーん、技術者として

くろたかです。
ブログにも書きましたが、土曜日に元常務殿と八王子事業所に出張中の同僚3名と会食をしました。
写真が無くなったのは残念(汗)

↑場所は、阪急ホテルのエキスポパーク。
昔からある老舗のホテルです。
そこの和食の花やしきって店でコースを予約しました。

↑常務は食が細いのでこの程度の量で。
少し早めについたのでロビーで待っていると目の前に常務らしき人が。
奥さんが付き添っています、見ると携帯用の酸素ボンベを持っています。
10キロやせたと言っておられました、正直かなり痩せたなと思いました。
常務は、お茶でしたが我々は軽く飲みながら会食、個室なのでゆっくりと楽しめました。
最初は皆大人しかったですが、時間と共に久々の常務節も聞くことが出来ました。
印象に残ったのは、二点。
一つは、技術者とというのは色々なことを学ぶべきだということ。
私にとっては「経営、営業、法務、会計」も立派な技術だと言って頂いたのは、心に響きました。
多いのですよ、技術者上がりって管理を嫌がる人が。
技術士仲間でもそれが嫌で退職しフリーランスになった人もいます。
また、技術士なのに工業技術系の仕事をしていないのはもったいないと社の人にも良く言われます。
私自身もそれは気になることろなんです。
正直管理系になってから年収はかなり上がりました。
それでもそれだけでは、ないですよね・・・人生ってやっぱやりたいことをやらないと一度きりですから。
何のために技術を積み上げてきたのか・・・そんな疑問に常務は、言い切ったのです。
「それも技術だし、技術者たるもの目の前の課題を解決してなんぼだと」
社のナンバー3までなった人が、部長になっても実務から離れなかったほど技術好きだった人がそれも技術だと言い切ったのです。
私など認めるしかないじゃないですか。(笑)
もう一つは、いくつになっても人への感謝の言葉「ありがとう」くらいは、言えるようにしておけとのこと。
それも常務らしいなと思いました。
食事が終わり、奥様と二人で常務は帰って行かれました。
日曜日にお礼のメールが来ました。
:::::以下原文です。::::::::
昨日は単身赴任でご苦労されている中、
 貴重な休日の時間を費やしてまで会って頂けたことは
 記憶に残る出来事の一つになりました。
 ありがとうございました。


 真の技術者(様々な)であれば、
 自分に合った技術者を目指して続けてゆくべきです。
まだまだ意気盛んで、頑張れるように見えましたよ!!!
:::::::その後も続きますが割愛:::::
会社に立ち寄って常務殿へお礼のメールをしました。


自分に合った技術者か・・・私などまだまだですね。(笑)
人生100年ならまだまだ半分にも到達していない、頑張らないと!





×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。