くろたかの目指せ!中小企業診断士

独学で中小企業診断士を目指す中年のブログです。まあ、モチベーションを維持して頑張ります。

うーん、それぞれの成長

くろたかです。
私の事業所には、今年新人が5名入ってきました。
2名は客先に派遣で駐在しています。
1名は客先に請負(自社業務)で駐在。
高卒の2名は、事務所で勤務中です。
4月から派遣側の駐在者の入れ替えが行われますのでその人選で彼らに面談をしました。
一人は、非常に元気があって目立つ子、でも最近は元気が無くて心配しています。
名前は、K君としましょう。
↓くわしくはこちら
うーん、悩ましい新人 - くろたかの目指せ!中小企業診断士


もう一人は、最初から大人しく、遅刻したり、身なりがだらしなかったり、初めから問題児扱いされてた子。名前はS君としましょう。


係長からの提案をそのまま二人に言って見ました。
どう思うかと聞いてみたら意外な結果に。
まず、口を開いたのはS君。
S「自分は、ずっとやりたいことがあって。それをやれるのはK君が行くチームです。僕ではだめでしょうか?」
びっくりしました、何をやっても平均以下、やる気もあまり無いと思っていたのに自分で意思を言ってきたのです。


くろたか「そうか・・なるほど。K君はどう思う?」
K「僕はどちらでも構いません、特にやりたいこともないので」


最近資格試験が行われました。
結果は、想像通りKは合格、Sは不合格です。
誰もがKの方を期待しています。
会話もKの方が皆と良くしゃべります。
私もそうです、何か頼むときは大抵Kです。


結論ですが、私はSの意思を尊重することにしました。
どちらでも良いというKに相変わらず違和感は感じます。
面談でも一人残して会話しました。
言ってることが分かるのか分からないのか・・・相変わらずぼーっとしています。
でもずっとこうだとも思えました、器用な奴なので言われたことは器用にこなすだろうと。


帰り際にSは私のところに来ました。
S「最初からわがままを言ってごめんなさい。」
くろたか「やりたいことがあるのにわざわざモチベーションを落としてまでやることはない。最初の提案は皆がそう思っただけだからな。実行する人の気持ちの方が大事だ。」
Sは頑張りますと笑顔で帰りました。
毎日のことですが、Kはさっさと帰ります。
Sはいつも誰に言われるでもなくゴミ箱を確認してゴミ袋を廃棄所に持って行くのです。
まあ、全く違うタイプですよね・・・。


面談結果を伝えるために係長に電話しました。
係長は、所長が思う結果で良いと言っていましたが電話の声は少し不服のようです。
まあ、能力を考えると係長の判断は間違えていないと思うのです。
確かに絶対能力は、Kの方が高い。現地点ではね。
でも技術者としての将来は・・・少し違うような気がします。
人として器用なことより、信念をもってやり続けることのできる人の方が私は技術者として大成できると思っているからです。
でもKにもSにもまだまだこれから色々なことがあるでしょうから、一筋縄では行かないと思います。
人それぞれの成長って違うものですよね。

↑いやーそういう問題じゃないから(汗)



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。