くろたかの目指せ!中小企業診断士

独学で中小企業診断士を目指す中年のブログです。まあ、モチベーションを維持して頑張ります。









うーん、優柔不断

くろたかです。
昨日は、この春から入社する5名を相手入社前のガイダンスを行いました。
5名とも私が求人、試験したのでそれぞれに思いがあります。
久しぶりに会う5名、しかし団体になるとやはりいろいろと個性が顔を出します。
私がテレビ画面を使って色々と説明をする中で皆の視線が1名に集まります。
一人が今にも寝そうな目つきで聞いています。
その子を皆が怪訝そうに見ています、緊張は皆しています、でもその子だけが他の人としゃべることもなく笑顔も引きつり言葉も出て来ません。


私にとっては、試験の時にも苦労したので一番思い入れがある子です。
以下は、彼に対する参照記事
うーん、涙と第一感 - くろたかの目指せ!中小企業診断士
うーん、準備するものと持って行くもの - くろたかの目指せ!中小企業診断士

うーん、21時の電話 - くろたかの目指せ!中小企業診断士


入社後は、本社で研修があるのですが会社寮に滞在するため2人1部屋で過ごすのです、これには、大いに拒否反応(分からないでもないが・・・)を示しました。
説明の途中も集中力が続かないのか目を合わせないと今にも寝そうです。
黙って人の説明を聞くと言うことが苦手なのでしょう。
周りの4名も徐々に打ち解けていく中で彼だけが私としか会話しません。
厳しいのか・・・そう感じました。
入社後うちには、3~4名は配属されます。
どうしてもその中で浮くことになると感じました。
役員の面談も行われました。
終わって開口一番「くろたか、あれは苦労するぞ、すべてにおいて挙動不審過ぎる。研修の時にもいろいろ言われるだろうな。まあ、試用期間もあるから良く考えよう」
言い過ぎ?いえいえ、的確な意見だと思いました。
ガイダンスが終わり皆が帰ります。

彼もまたホッとした顔で帰宅しました。
4名が会話しながら帰る中、彼だけが輪から外れています。


役員が帰ったあと、一人の社員が一人の社員が話しかけてきました。
システム担当のOという社員です。
O「くろたかさん、くろたかさんの隣に座っていたあの子ってちょっと変わってましたよね」
くろたか「うん、気になったか?」
O「Sさんに似ているなって、だから昔発達障害だったとかそういうのじゃあ・・・」
くろたか「え?Sってそうだったのか?」
Sのことは、昔から知っています。
部門が違うので部下ではありませんが、現在ソフト部門で中心となっている人物です。
対人系が弱いために折衝ごとは、Oに任せていますが、その実力は客先にも高く評価されています。


ソフト部門ならチームも少人数での業務だしずっと社内に置くことが出来る。
何よりSもOも非常にやさしいので安心して預けることが出来る。
ただ、彼はメカ志望です。(学校はメカトロニクス科)
恐らく説明すれば理解はしてくれると思いますがそれは、その人の一生に関わることだと思います。
これが正しいと言い切れる自信はありません、ただいつものことですが、ピンときたのです。
うーん、いつもながら優柔不断だな・・こういう時は。
メカで試験していますから、社内的にも色々と壁はありますし、何より本人に意思確認しないと・・・決められないと思うな、急に言われても経験がないのだから。
もう一度彼に会ってみよう、出来れば親御さんも一緒に。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。