くろたかの目指せ!中小企業診断士

独学で中小企業診断士を目指す中年のブログです。まあ、モチベーションを維持して頑張ります。









うーん、叱責

くろたかです。
私は、口調はきついですが部下にそれもリーダーと言われる人に皆の前で叱責することはしません。
しかし今日は、どうしてもダメでした。
何とか一日が終わった定時後、私はホッとしていました。
Gが初日を無難に終えたからです。
仕事をするうちにGがいつもの感じに戻っていくのが分かりました。
奥さんからも帰ってからゆっくりと今日の詳細を聞いてみますとメッセージもいただいていました。


定時後、いつも帰るパートの方が帰りません。
違和感があったので聞いてみました。
くろたか「残業されるのですか?」
「会議があると言われて」
見ると大半が残っています、Gがリーダーを務めるチームの上司(係長)が会議をするというのです。
確かに全員がそろうと言う意味では、今日は都合の良い日です。
でもGの復帰初日に態々全員出席の会議をする必要があるでしょうか?


間もなく20名ほど人が集まりました。
会議が始まります。
係長から連絡がなく、会議の真意も分からなかったため様子を見ることにしました。
Gは、皆と談笑しています。
会議の議題は、今年の目標と連絡事項。
私は耳を疑いました。
2週間ほど休んだ初日にいきなりリーダとしても目標を言えと言うのです。
しかも係長は知っているのです、Gが他社に行く決断をしたことを。
G「今回は本当にご迷惑をかけて・・・・」
徐々に声が小さくなります。
何名かは、フォローを入れていましたのでGの発言は終了。
その後も全員の目標を聞くまで終わる気配がありません。
パートや協力企業もいるので止めはしませんでしたが、ダラダラと会議は続きます。
私は、会議をするのは悪くないと思います。
意思の共有は、必要です。
でも時と場合と相手は、選ぶべきです。
会議時間が2時間になろうとするとき、話がなぜこの忙しい時にGが職場を離れるのかという話題になった時に私は、係長に言いました。
くろたか「長い会議やな、いつまでやるの?」
係長も自分が議長ですから負けていません。
係長「もう止めようと思っていますよ。」
しゃべりだすのを遮って言いました。
くろたか「そうか、じゃあ、今すぐ止めろ」
散らばるように人が帰っていきます。
係長「何か・・・」
分かっていないのです、何がダメなのか。
くろたか「今日は何の日だ?分からないのか、なぜ今日なんだ。」
叱責していました、完全に。
係長は顔色を変えて聞いています。


帰りにGに話しかけました。
くろたか「今日はどうだった?いきなり残業か、申し訳ないな」
G「思ったよりも平気でした。」


そうでしょうか、本人が平気だと言ってる・・・周りはそういうでしょう。
でもそんな簡単な物でしょうか。
20人もいて誰一人係長に注意や指摘をしない。
係長は、悪気どころか皆で共有したことで良いことをしたような気になっている。
明日もGが事務所に来てほしい、素直にそう思いました。





×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。