くろたかの目指せ!中小企業診断士

独学で中小企業診断士を目指す中年のブログです。まあ、モチベーションを維持して頑張ります。

うーん、終わらない

くろたかです。
今日は早く帰ろう。
そう思っていました、それは前日売り上げ報告のため1時ごろまで業務をしていたので寝不足であったためです。
定時後、ブログをアップし、例の所員からの状況報告を聞き、安心してから帰ろう。
そう決めていました、昨日の感じから一日リフレッシュすればいつもの彼に戻ると思っていたのです。
彼から電話が入りました。
様子が昨日のままです、いやどちらかというと昨日より動揺しています。
くろたか「一日、経って落ちついたか?」
所員「いえ・・・それが・・・」
どうやら、彼の家に置いてあった彼女の車と自転車が知らぬ間に無くなっていたようです。
我々に送られて別れた時には有ったと言ってたので、深夜から昨日の未明に相手が自分の家に来たのだと言ってとても恐れています。
所員「怖くて家に戻れないんです、また来るんじゃないかと」
とっさのことで機転が利かず、今日はホテルに泊り、週末に実家に戻ることを提案しました。
後で気になったので、弁護士さんにどの程度彼が状況を伝えることが出来たのかを確認しました。
すでに相手の検事さんへの動きをとってくれていると聞き安心したので、また本人に電話しました。
やはり、不安で一人で居たくないのでこれから先輩の家に泊まろうと連絡を取ったようです。
今までのことを清算するためにすでに新しい場所に引っ越しを決めている所員ですが
すぐにその場所があるわけでもなく当然相手の荷物もまだ現在の自宅にはあるのです。
刑事告発の時の被害者と加害者がすでに入れ替わっている。
弁護士さんの説明から相手を変に刺激するとストーカーのようになりかねないと言う説明を受け、この問題の根の深さを感じました。
まだ、終わらない、もしかしたら、これからなのかもしれない。
たった、今先輩の所員からラインが入りました。
昨日は、一人に出来ないと感じたので二人でホテルに泊まったようです。
所員からも仕事に行けそうだと連絡が入りました。
安心はできません、たった一日が過ぎただけです。
そして居るのです、会社近くの店に・・・今日もその女性は。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。