くろたかの目指せ!中小企業診断士

独学で中小企業診断士を目指す中年のブログです。まあ、モチベーションを維持して頑張ります。

うーん、おにぎり

くろたかです。
私はおにぎりが好きです。
まだ幼少のころ、いつも弟と二人お腹を空かせて母の帰りを待っていました。
銭湯が閉まる前に銭湯に行かないとって取り合えず母が握ってくれたおにぎりをほおばりながら銭湯に。
こんな思い出がよみがえります。

美容師で日々忙しくしている母は、いつもバタバタ。
だからご飯にも衣服などについている髪の毛が良く入っていました。
皆さんは、外食などして髪の毛が出てきたらどうします?
僕は、何も言いません、きっと弟も。
きっと二人ともその時を思い出し、ここも大変なんだと微笑むだけでしょう。

店の二階に住んでいたあの頃、お客様がいる時は静かに弟とテレビを見て母を待っているだけ。
店が終わると母が握った炊き立てのご飯のおにぎりを食べながら銭湯へ。
パーマ液って結構手に来るんですよね、だから母の手の皮は相当薄かった。
良く言ってました、お母ちゃんは指紋が消えてないから捕まらへんわって(笑)
そんな手で握る炊き立てのご飯は相当熱いのでしょうけど、この方が美味しいからっていつもそうしてくれていました。
何もない家でしたが、少しの時間を共有することを皆が大事にして、皆がそれぞれの大変さを理解していました。

私にとっては母と弟と一緒におにぎりを食べながら歩く時間がとても大事な時間でした。

具も何もない、しお味のおにぎりを食べながら銭湯に行くまでに学校であったことや友達とケンカしたことなどを話すのです。
母はいつも話をよく聞いてくれました、少しでも話を聞こうとしてくれていました。
例えギリギリの生活でも裕福でなくても家族に互いのことを思いやる気持ちがあれば、
しお味のおにぎりでも最高の味になります。
おにぎりは、いつも私をそんな気持ちにさせてくれる食べ物です。
ちなみに今好んで食べてるのは、シャケかたらこですけど。(笑)
今日も買うかな・・・。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。