くろたかの目指せ!中小企業診断士

独学で中小企業診断士を目指す中年のブログです。まあ、モチベーションを維持して頑張ります。

うーん、先輩と飲む

くろたかです。
ゴルフの筋肉痛がありましたが、昨日は会社の先輩と久しぶりに飲みに行きました。
昔はよく飲みにつれて貰いました。
年は、二つ上なのですが会社に入ったのは、私より10年も前ですから大先輩です。
昔は、本当に可愛がってもらってよくバカなこともしました。
先輩が東京に出張に来たのは、3年前。
しかし役割は昔とは違い今は逆転しています。
所属が違うのでそこまで関係はないのですが、つい先日も酔っぱらって電話がありました。
その先輩の悪い癖です、飲むと口が悪くなるのです。
そのせいで上司と揉め事が絶えず、出世にも関係しています。
もう付き合いもかなり狭くなっているはずです。
でも久々に電話をくれたことが嬉しかったので一緒に飲みに行きました。
飲み初めて1時間ほど、どうしても恨み言や上司の悪口が多くなります。
でも僕嫌いなんですよね、人の悪口は。
愚痴と悪口って違うと思いませんか?
「〇〇がこんなこというんだよ、ダメだと思わないか。」
私の中では、これは愚痴。
「そうですよねー我々もそういうとこ気を付けないといけませんね。」
となるのですがこれが
「〇〇がこんなこというんだよ、アイツってろくな奴じゃないよな」
これは悪口・・・行為を憎んでも人を否定するのはよくない。
これ良く元上司にも言われたんです、そして20年も前に今日飲んだ先輩にも言われた。
くろたか「先輩、昔僕に人の悪口は言うなってよく言いましたよね」
先輩「そうか、そんなこといったか?」
くろたか「良く言ってましたよ、俺が知らない奴の悪口は言うなって。俺は自分で見たことで人を判断したいからって」
先輩「ふーん、そうか?昔の俺は偉かったんやな」
くろたか「先輩はいつまでも先輩です。私はそう思っています。それに先輩に受けた昔の恩が消えてなくなるわけじゃない。」
先輩「お前は、変わらんな・・・今の上司の言うこと納得してるんか」
くろたか「すべて納得なんかできないですよ、でも人は否定しない、色々なことも知っておられますからね」
先輩「出世したいんやな。」
くろたか「その通りです。納得いかないことをここで言うだけなく変えたいのなら上に上がるべきです。そうしないと我々がしてきた苦労をまた後輩がすることになる。上がだめだと本当に思うなら自分が上に上がって自分で変えるべきです。」
先輩は苦笑いされていました。
先輩「くろたかは昔から頑固やからな・・・」
店を出る時に半分の料金を渡した私に先輩はこう言いました。
先輩「おい、俺はお前の先輩やぞ。後輩に金なんか出させられるか」
ありがたくご馳走になることにしました。
因みに王将で餃子とビールだけで1万以上払ってました(笑)


家に着く前に先輩からメールがきました。
「今日は久々に熱苦しい酒が飲めたわ、また行こうな」
変わらないな・・・この人も。
そう思いました、こういう酒を飲める先輩は大事にしたいですよね。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。