くろたかの目指せ!中小企業診断士

独学で中小企業診断士を目指す中年のブログです。まあ、モチベーションを維持して頑張ります。

うーん、ありがとう さようなら

くろたかです。
毎年ふと気づいたときにメールを送る子がいます。
掲示板で知り合った10歳以上年下の女の子・・・いや今はもう女性だな。
文章はたどたどしく、やたら人懐っこい。
当時35くらい位だったかな~三女が生まれて少し経った頃だったと思う。
掲示板からメールへ色々とやり取りするうちに盛り上がり、会うことに。


まあ、35才ですから大いなる下心をもって(笑)
出会ったその子の顔を見てびっくりした。
「眼球振動」って病気だと言ってた、黒眼がほぼないっていうか目全体が薄く白眼になってるような感じで視力もかなり低いらしく眼鏡でも矯正できないらしい。


名前はYちゃん、Yちゃんはにっこり笑ってこう言った。
「初めまして くろたかさん。ごめんなさい気持ち悪いよね。気にしないで帰るから」
正直、びっくりしたけど何言ってるの、行こうよと店に行った。
段差があるところなどは、手を繋いでそれを教えながら移動した。


あれからもう10年以上・・・毎年彼女にメールを送る。
元気?なんか変化あった?
何度か会ったともある、最後に会ったのはもう3年以上前かな。


昨日、メールを送った、アドレスが無いと返信。
??変更の連絡貰ったかな。
仕方なくショートメールを。
配信済みと出るので表示はされてるはずだけど返事がない。


何かあったのかな・・・。
彼氏が出来たとか、それならいいけど。


しつこいのかもだけど、そのままメッセージを打った。


「この番号Yちゃんじゃないの?」
「違うなら番号消すけど」
暫く待ったけど返事がない、見てはいると思うのだけど。


「もし見当違いならごめんなさい、この番号は僕がずっといつか幸せになってほしいと思っている人の番号なんです」
「だからしつこいかもだけど、メッセージを送っています」
次の朝見ても返事がありません。


「違うみたいですね、ごめんなさい。何かのご縁だと思うので、できればあなたもずっと幸せでいてください、さようなら」


そのメッセージを最後にしようと思った。
仕事をしていると聞きなれない音が鳴る。
メッセージの着信音だ。


「ありがとう さようなら」


たった10文字の短い言葉。
Yちゃんに何があったのかは分からないし、実際相手が誰なのかも分からないけど。
連絡先からYちゃんは消した。
手を繋いで階段を下りたその光景を思い出しながら。

【記事追記】
このブログを見たわけではないと思うけど、今日の昼にメッセージがありました。
よく考えたら相手は番号を消してないですからね。(笑)
どうやら昨年入籍したようです、かなり環境が変わったと書いてありました。
大阪に戻ったら連絡を取り合って食事でもするかと返事を打ちました。
まあ、10年以上こういう付き合いをしている人だから、切れたり繋がったりこんなもんです。
連絡先も復活。・・・下心は無しですから!(笑)

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。