くろたかの目指せ!中小企業診断士

独学で中小企業診断士を目指す中年のブログです。まあ、モチベーションを維持して頑張ります。

うーん、市役所に行く

4日の日に川西の市役所に行ってきました。
目的は、本籍地の変更とパスポートの変更です。(本籍地のね)
早速電車に乗って市役所に行って来ました。

↑わざわざ市役所の看板を撮ってみた
書類は妻が用意してくれていたのでとりあえずブログのネタに写真撮り(笑)

↑入口の感じ(これ川西のキャラなんですよね)

何気に川西って三ツ矢サイダー押してるんですよね。

うーん、久々に三ツ矢サイダーを見たような気がする(笑)
早速、転籍届を提出。
非常に丁寧にご対応いただきました。
まあ、私が今日中にパスポートの本籍地を変えたいので会社休んで朝一番で市役所に来たんですよって言ったからかもですけど・・・。

↑かなり申し訳なさそうにこれを渡された。
でもその人が悪いわけじゃないんだから仕方ないですよね。


市役所って中学の時に母と一緒に行きましてね。
確か苗字を変えるのと父の遺産権利を放棄するのに戸籍謄本が必要だと裁判所に言われて取りにいったんだと思うんですよ。
書類の書き方が悪いとかなり偉そうに言われて、謝る母が可愛そうで職員相手に切れた記憶があります。
職員「いい?、必要なのはこの書類じゃないよ。そこに書いてるだろ。はい、やり直し。」
母「はい、すいません」
何を偉そうに言ってるんだ、このおっさんはと最初から気に入らなかったんですよ。
それでも母が何も言わないから仕方ないかなと一度は我慢したんです。
職員「あのね・・・・何度も言うけどそこに書いてるでしょ、そうじゃないよ。ハイもう一度書き直して、次の人!」
泣きそうな顔をしている母を見てさすがにカチンときました。
くろたか「おい、おっさん。役所の人ってそんな偉いんか?そもそもこんなややこしい書類誰が日頃から書いとるねん。おっさんもこれしか知らんくせに、それをちゃんと相手に説明もせんと偉そうにいいやがって。うちのかーやんはな、日頃は月に1,2日しか休まんと仕事してるんじゃ。せっかくこのために休み取ってきたのに朝から下らんことで偉そうにいいやがって。それほど偉いんか、お前は。大したもんやのう、岸和田市役所の○○さんよ!」


まあ、まだ10代ですからね(笑)
周りの人もそうやそうや役所は偉そうやと言ってくれて、5,6人に兄ちゃん負けるなよ!職員にもお前が悪いからちゃんと謝れって騒ぎだして・・・結局偉いさんが奥から出てきました。
偉いさん「先ほどは大変申し訳ないことをしました、ご入用なのは戸籍謄本ですね。おい、○○君ちゃんと相手の方にお詫びしてから先に対応しなさい。」
その人は、こちらを睨みつけると不服そうに書類を母から受け取りました。
私は気が済まなかったので偉いさんに言ったんです。
くろたか「プロの人が自分の仕事に詳しいのは、当たり前でしょ。プロはそれで家族を養ってるんやから・・・。そもそも仕事をする相手(お客さん)がいるから自分がいるわけで、皆に丁寧に接するべきです。自分の方がよく知ってるからって決して相手に偉そうにしてはいけないと思いますよ。」
偉いさん「君はまだ中学生やね。それは誰に教えてもらったの?親御さんかな。」
くろたか「ええ、今目の前にいる母に。母はひとりで僕と弟を育ててくれてるんです。いつもお客さんに感謝して大事にせんといかんと言われてます。」
偉いさん「そうか・・・それは立派な心掛けだ、忘れないようにね。」
その後裁判所にも行きましたけど、なんだかそこでも偉そうに言われて切れた記憶があるな~。(笑)


私の中で市役所って昔のそういうイメージなんですけど。
時代が変わったのか、川西の市役所が丁寧なのか、私の見る限りは皆さん非常に親切に対応されていました。
今日はそんな昔の事を思い出していたから顔つきが怖かったのかな・・・。
結局パスポートの書き換えは、また後日ってことで。
また忘れないようにしないとね。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。