くろたかの目指せ!中小企業診断士

独学で中小企業診断士を目指す中年のブログです。まあ、モチベーションを維持して頑張ります。

うーん、行く人去る人

くろたかです。
入社から3年目のT君が年明けから客先に派遣駐在することが決まりました。
入社試験から関わっている子です。
地元の拓殖大卒の子です、最初会った時は、???って感じの子でした。
活舌の悪く返す言葉もトンチンカン、30社受けて内定なし、確かにと苦笑いするような子でした。
製図の試験の時に彼は、試験の問題がおかしいと言い出しました。
原寸で書けと書いてあったその試験用紙のマス目は私の印刷ミスで少し小さかったのです。
コンマ何ミリの差です、それを入社試験中だというのに懸命に図っておかしいとアピールします。
私は、とても面白いと思いました。
確かに空気は読めていないのかもしれない、でもそれでも正しいものをちゃんと言うということは、技術者には必要な姿勢だからです。


あれから3年、未だに彼は空気が読めていないので(笑)同じようなことをしています。
しかしその人柄と真面目さを認められ、客先からこちらでやってみませんかと私にオファーがありました。
そのことを告げた時にTは、とても嬉しそうでした。
認められたと思ったのでしょう、今日もTは、相変わらず周りをびっくりさせながら、苦笑いをさせながらに仕事をしています。
来年の自分に大きな希望を持ちながら。


一方、今日までの人もいます。
協力企業のSさんです、年齢は50代後半。
最初は頑張ってくれていたのですが、CAD操作がおぼつかず、会話もなく我慢して半年担当を変えながらやって貰いましたが改善は見られませんでした。
大手メーカで20年以上の研究職をしておられた実績は素晴らしいと思うのですが、人間って色々難しいですね。
確かに今更って感じはあるんでしょうけど仕事中のネットサーフィンやとても真剣にやっているとは思えない私の部下への言動に私の方から何度か注意もしましたが結局改善は見られませんでした。
くろたか「失礼かもしれませんが、後何年って気持ちを一旦おいて貰って、目の前の仕事に真摯に取り組まないとどこに行っても同じだと思いますよ」
目も合わしません・・・・まあ、契約解除して偉そうに言うなよって感じなんでしょうね。


人それぞれ出会いがあり別れがあり・・・この職に就いてから毎年のようにこんな思いをしますけど、まあ仕方ないかな。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。