くろたかの目指せ!中小企業診断士

独学で中小企業診断士を目指す中年のブログです。まあ、モチベーションを維持して頑張ります。

うーん、迷ったらパチンコ

くろたかです。
私は親父との思い出がほとんどありません。
いつも怒っては、殴っていたと母は言いますが、それもほとんど覚えていません。
言葉も3つくらいしか覚えていないかな。


今日は、親父の言った言葉で今も覚えている印象的なものを書きたいと思います。
親父は、大半は家にいない人でした。
厳密には、私が起きてる時間にいなかったのかもしれませんが。


日曜日は、いつも弟を知り合いのおばさんに預けてパチンコ屋。
僕は、喫茶店で無言の親父の前で好きなものを食べてから親父が飽きるまでパチンコ屋の駐車場や店内で遊んでいました。
ある時です、親父が遊びに行こうとする私を呼び止め話し出したことがあります。
親父「いいか、くろたか。いつもいるこのパチンコ屋を見て何か思わんか。」
くろたか「?」
親父「ここにはいろんな人がいる。ほらあの人、さっきから何枚もお金を使って、あほやな~他にも山ほど台があるのに。それに良く見てみ、あの人は、玉の入る入賞口しか見てないやろ。」
親父「ほらあの人、沢山玉を出してるやろ。ちょっと顔を引いて釘の感じや玉の流れを見ながら打ってる、きっと周りを見渡して頃合いで止めるで。」
親父「じゃあ、あの人は?あのねえちゃんは、彼氏を待ってるんやな。何もせんとただ後ろで立ってる。自分は何の用事もないのに、人に付き合ってるだけの人や。」
親父「あの人は?さっきからキョロキョして、玉拾てるんや。煙草に交換するまでおるんやであのおっさん。でもな、あんなことするより働いた方が何倍もタバコを吸えるしええもん買えるわ。」
くろたか「何の話?それ」
親父「そう思ったら、パチンコ屋に来てるのにパチンコせんとこうやって人だけを見てる俺みたいなやつもおるやろ。」
くろたか「??」
親父「ええか、生きててきついなって思ったら、一回パチンコ屋に行ってみ。ほんでな、考えるんや今の自分は、どこにおるんやろって。もしかしたら一部だけ見て馬鹿なことしてないか?自分は良いと思ってても人様から見たら馬鹿なことしてないか?今みたいに一歩止まって全体を見てるか?」
くろたか「うん、いきなり動くなってこと?」
親父「今日は出てないな・・・よし競輪や!」
一人で遊ぶ場所が変わるだけです。(笑)
でも、この言葉って変に記憶に残っていて。
僕は、今でもパチン屋に行くとまずどんな人がいるのかを確認します。

最近は、人だけ見て帰ることも多いですが。
もう、今はパチンコ屋さんで人を見て学ぶことも少ないのかもしれません。




うーん、予想(マイルチャンピオンシップ)

くろたかです。
マイルチャンピオン割れてますね。
でも僕は、案外堅いと思うのですが・・・。
イン突き世界的名手ムーアにエアスピネルなら堅くないですか?
京都の外回りは、直線でガラッと内があくんです。
エアスピネル軸で相手は、外国人騎手で。
クルーガー、レッドファルクス、イスラボニータ、ペルシアンナイトに。
三着ならサトノアラジン、グランシルクもありかな。
今日は、試験監督に行くので終日バタバタです。
当たるといいな~。





うーん、歯医者ふたたび

くろたかです。
男性読者の皆様お待たせしました!
待ちに待った1週間。
昨日は、夕方からドキドキ。
キッチリ6時に行きました。
受付「くろたかさん、どうぞー今日は上の歯ですね♡」


入室すると目の前には、いつも最初に出てくる先生(店長って言ってる人ね)がいない。
助手「くろたかさんですね、どうぞ」

↑いやー普通の方ですよ、キッチリとしゃべる方です。


店長!誰がチェンジだと言った!(←怒れる48才)
まじかよ・・変わるのかよ。
肩を落とし・・・視線を下げる。


うん?もしかして結構・・・・巨乳じゃね?
いや、どっちかっていうとかなり巨乳じゃね?
そうか・・・君だったのか。
初めまして、無我グリーン(←切り替えの早い48才)


しかし待てよ、奇想天涯さんが言ってたな。
あれはタオルだと、ってことはあれは見せかけの巨乳。
あのふくよかな胸はスーツのようなものか。
しかし、待てよ、諦めるな。
タオルを通してもその中にある物は、間違いなく・・・。

見せて貰おうか、連邦軍のモビルスーツの性能とやらを!(Byシャア)

通常の3倍のスピードで席に着く私。(笑)


皆さんは覚えているだろうか?
そう、私が今日歯石を取るのは、上側の歯だ。
下側より上側の方が歯の裏側の歯石を取る時は、体をかぶせないといけない。

↑こんな感じね。


助手「もう少し、右見てください」
助手「お口ゆすいでください」
良い、その事務的な口調が良い。
そして、頭に感じるモビルスーツの圧力(←もはや、幻想が止まらない)
助手「もう少し顎引いてください」
むぎゅ。(←モビルスーツの圧力)
助手「もう少しお口を開けてください」
むがっ。(←一応グリーンってことで)
良いじゃないか、この組み合わせも良いじゃないか。
店長やっぱり今週も延長してくれ!(←いないって!)
助手「あともう少しですよ」
むぎゅ。(←幸せの瞬間)
助手「あ、ごめんなさい」
むぎゅ~~~。
あ~だめだ、やはりだめだ。
アムロ今週も行きまーす!(←何かが壊れた48才)


助手「はい、お疲れ様でした」
え?もう終わり?もう終わるの?

まだ、くろたかが楽しんでる途中でしょうが”!(By北の国から)


終わった・・・すべてが終わった。
店長「はい、くろたかさんお疲れさまでした。一応今日で・・・」(←いたのかよ)
ありがとう、店長。グッジョブだ。
そしてありがとう無我グリーン。
おかげで十分楽しめたよ。
え?次の予約?
くろたか「勿論!最短で!」
歯石は、半年くらいのペースで行くべきだな。

うーん、おにぎり

くろたかです。
私はおにぎりが好きです。
まだ幼少のころ、いつも弟と二人お腹を空かせて母の帰りを待っていました。
銭湯が閉まる前に銭湯に行かないとって取り合えず母が握ってくれたおにぎりをほおばりながら銭湯に。
こんな思い出がよみがえります。

美容師で日々忙しくしている母は、いつもバタバタ。
だからご飯にも衣服などについている髪の毛が良く入っていました。
皆さんは、外食などして髪の毛が出てきたらどうします?
僕は、何も言いません、きっと弟も。
きっと二人ともその時を思い出し、ここも大変なんだと微笑むだけでしょう。

店の二階に住んでいたあの頃、お客様がいる時は静かに弟とテレビを見て母を待っているだけ。
店が終わると母が握った炊き立てのご飯のおにぎりを食べながら銭湯へ。
パーマ液って結構手に来るんですよね、だから母の手の皮は相当薄かった。
良く言ってました、お母ちゃんは指紋が消えてないから捕まらへんわって(笑)
そんな手で握る炊き立てのご飯は相当熱いのでしょうけど、この方が美味しいからっていつもそうしてくれていました。
何もない家でしたが、少しの時間を共有することを皆が大事にして、皆がそれぞれの大変さを理解していました。

私にとっては母と弟と一緒におにぎりを食べながら歩く時間がとても大事な時間でした。

具も何もない、しお味のおにぎりを食べながら銭湯に行くまでに学校であったことや友達とケンカしたことなどを話すのです。
母はいつも話をよく聞いてくれました、少しでも話を聞こうとしてくれていました。
例えギリギリの生活でも裕福でなくても家族に互いのことを思いやる気持ちがあれば、
しお味のおにぎりでも最高の味になります。
おにぎりは、いつも私をそんな気持ちにさせてくれる食べ物です。
ちなみに今好んで食べてるのは、シャケかたらこですけど。(笑)
今日も買うかな・・・。