くろたかの目指せ!中小企業診断士

独学で中小企業診断士を目指す中年のブログです。まあ、モチベーションを維持して頑張ります。

うーん、準備するものと持って行くもの

くろたかです。
入社試験2次面接練習の日が来ました。
17時に会社に到着し緊張した顔つきで説明を受ける彼。
まずは、一次試験での役員の感想から一つづつ確認しました。
【悪い所】
姿勢が悪い。
元気がない。
説明が簡潔ではない。(話が長い)
相手の質問をすべて復唱するのは良くない。
自信が無いのは分かるが話が二転三転する。


それ言った後で本人の思う、ここが悪かったと思うところを再チェック。
悪いのは、大抵内容ではなく、質問に対するキャッチボールが出来ていないだけで
内容を自分を偽る必要はないと伝えました。


自分勝手にしゃべるのではなく、相手の都合を考えること。
質問に「答える」ことと「応える」ことの違い。


その上で、2年目までの人が書いてくれた当日の質問の再現を手渡しました。


ワードでまとめようかとも思いましたが、止めました。
入社すれば自分の先輩になる人たちが、今の自分を応援しようと書いた紙きれ。
ある人は、裏紙に。
ノートをやぶって、表を作って。
一つ一つが記憶を探りまだ見ぬ後輩に向けてのエールなのです。


くろたか「ここにある内容を熟読するように、そしてちゃんと準備するように」
彼「はい、とてもありがたいです」
くろたか「大げさに言うけど、ここが正念場だと思って。姿勢に気を付けて、ちゃんと声を出して」
彼「はい、気を付けます」
くろたか「そして、この紙の内容だけじゃなく、書いてある先輩たちの想いもちゃんと持って行くように。諦めず最後まで踏ん張りぬくように」
彼「はい、分かりました!」
くろたか「よし、じゃあ頑張ってね」


彼「あのどうしてもくろたかさんに言っておきたいことがあります」
くろたか「うん、なんだ?」
彼「どうしてもこれだけは、言っておきたいのです」


彼は真っすぐにこちらを見て話しだしました。
僕には知っておいて欲しいと。
①自分には少しアスペルガー症候群の症状があり、小学校では特別なクラスにいたこと
②母子家庭で少しでも早くに働いて親に楽をさせてあげたいこと
③今まで欠点だと思っていたこだわりが役に立つと言われて本当にうれしかったこと


想いが溢れて止まりません。
気になるのか何度も志望動機の部分を再チェックし、彼は帰りました。
彼「がんばります、これまでのことを思い出しながら頑張ります」


アスペルガー症候群に対しては、その程度によりますが業務の問題となる場合もありますので、面接でもそれを判断する項目があります。
確かに彼は、その質問への答えに兆候があった。
しかし、私は向いていると感じますし適正数値は、平均をはるかに上回っています。
医者がプロだからとその症状を判断するなら、私もこの業界ではプロです。
向いていると思った自分の目を信じるだけです。
くろたか「僕は、君が可哀そうだから助けてるんじゃない。自分を信じているからだ。僕に恥をかかせないでくれよな。」
彼は深く頭をさげ、失礼しますとこの前より大きな声を出して帰りました。


定時後に元上司である管理部長に電話で事情は話しましたが、いつものように。
管理部長「そんなことを聞いて特別扱いはしない。粛々と面談をするだけだ。」
と言われました。(聞くと気に掛けるくせに・・・)
流石にこれ以上は、出来ません、最後は彼の運に期待します。
二次面接は、10月11日。
社長と常務、他役員2名が参加。
時間も30分~1時間だと言いますので、まさにごまかしなしの真っ向勝負です。



うーん、連日の飲み会

くろたかです。
一昨日は、セミナー後知り合いの学校の先生と飲み会。
昨日は、会社の同僚と飲み会。
ここに来て飲み会ラッシュ!


っていつものことですけどね。(笑)
単身赴任だから多いんですよね、誘われることが。


っで食べ飲み放題の中華屋さんでのこと。
トイレに行こうとするとスキンヘッドの人とぶつかりそうに。

↑こんな感じの人(こわいだろ・・・普通に)
くろたか「あ、すいません」
スキン「あはー良いよ、良いよ、つれションする?俺早いよー」
超ご機嫌。(滝汗)
くろたか「はあ、そうですね」(苦笑)
スキン「ようし、じゃあ用意スタート!」
誰が合わすんだよ!(笑)
で何故か私の方が早く出る。
スキン「いやー若いっていいね、俺も昔はそんな感じだったな」
何の話だよ!ってか、どんな感じだよ。
・・・・・
・・・・・(静寂)
しないの・・・・オジサン・・・・しないの・・・・・。

満面の笑みで見てる!(滝汗)
で、かなり出遅れてスキンヘッドがスタート。

↑こんな感じね・・・・このㇾ-ス散々だったな
・・・・・(静寂)
スキン「ふーお先に!」
はや!ってまだ20秒ほどだぞ、早すぎだろ!
スキン「な、俺早いだろ」
ご機嫌すぎる、楽しいけど。


っで、肝心の飲み会は、くらーい話に終始。
いいたい、さっきのこと言いたいんだけど(うずうず・・・)
でも場の空気を変えるわけにはいかず・・・。
30分くらいしてから店をでるときに、そのオジサンと顔があった。
会釈をする私に。

↑同じ人の写真は、ないだろうけど誰だよ(汗)
おやじ!そんな感じの出会いだったか?
おつかれーあんちゃん!って感じじゃないのか。
いやー最後まで読めない人でした。



うーん、気になる

くろたかです。
昨日は、学校の先生と飲みに行って飲み過ぎました。(汗)
頭痛いな・・・。


っで昨日は新宿まで衛生推進者のセミナーに行ってきました。
事業所には、すでに衛星管理者が1名いるのですが、所長も知識のためにセミナーを受けなさいと言うことで。


早めに着席して席は2列目の左。
ほどなく「すいません、ここ宜しいですか?」と若い女性の声。


ああ、良いですよと椅子を前に寄せたのですが、今思えばその時にその人を見ておけば良かったなと・・・・。

↑こんな感じですね。


うん・・・。
へ?ああ、横の人か。
う~~~ん。
へ?ああ、横の人か。
うあ~~~ん(かなり鼻にかかっている)
これって誘っているのか?
あの・・・まだ10時半ですけど(汗)
気になる・・・隣の人が気になる。
視界のなかに微妙に入っているのだけど、顔が確認できない。
でもあの声だから・・・。

↑こんな感じではないのか。(←膨らむ妄想)
うん。
そういうなよ、あや。(←だれも止められない47才)
う~~~ん。
分かったよ、あや。(←すでに心の恋人)
うあ~~~ん。
あや・・・・集中できないだろ!(滝汗)
午前中終了。


なんかね・・・見ようとするんですけど先生の位置関係で相手はこちら側を見ているので目が合いそうで見れないのですよ。
目が合うとその後気まずいじゃないですか・・。(←高校生か!)
悩ましい声にも慣れてきた午後。


むが。
ん?なんか言った?
む~~が。
へ?む・が?って言った?
あや!気になるじゃないか!(汗)
何だよ、むがって。
流行ってるのかよ、新宿では皆「むが」なのかよ!
早速スマホで検索。

↑むがで検索・・・なんだこれ(汗)


むが。
あや・・・。
む~~が。
おい、止めろ。
う~~~ん。
だめだ・・・あや しか聞いていない自分がいる。


もう、セミナーが終わる。
皆の片付けが始まる・・いまだ、今しかない。
あやの顔を見るのは、このタイミングだ。
朝から数々の悩ましい吐息を私に浴びせてきたあやの顔を見るのは今しかない。
みるぞ~~みるぞ~~~。

↑こんな感じで見てみた(←分かる人は分かる)

似てるのかよ!(滝汗)
検索が正解なのかよ!
でもありがとう あや(←もうこの名前)
楽しい時間だったよ。
退屈なセミナーが刺激的な一日でした。



うーん、涙と第一感

くろたかです。
入社試験は、最初は予想外から始まりました。
一般試験、専門試験ともにほぼ満点。
うん?これは、掘り出し物なのか?
適正検査も及第点。
気に入ったのは、検査中の会話。
必ず確認をするんですよ、自分に勘違いがないか?
そしてこれで良いんですねと念押し。
人によっては、空気読めないとか、鬱陶しいと言われると思うのですが、設計者には思い込みがなく確認するのは必要な部分です。
そして納得するまでは、ねちっこいくらいの方が良い。


午前中で大体合格だなと思えたので、昼食の時に色々と話しました。
①家庭の事情で私学に行けず授業料の安い職業訓練校に入ったこと
②自分に自信が無いのだけど、製図をしている時は夢中になれること


私は、自分の感じたことをそのまま伝えました。
今までそのこだわりの部分は、周りから疎ましく思われたかもしれないが、君のこだわりは設計者として大事なもので、それは今後人の命を救うこだわりになると。


そしたら・・・急にボロボロ泣き出したんです。(笑)
いつもそう言われてきた、どうして皆から面倒がられるのかと思ってきた。
今日はここに来て本当に良かったですというので、私も少しもらい泣き。


しかし午後から大きく流れが変わりました。
役員が異常に不機嫌です、どうやらうちの若い所員が怒らせたようで・・・。
タイミング悪くその直後に面談。
確かに受け答えは、良くはなかったですがあれだけの圧迫面接をするまでの悪さではなかったと思いました。
一旦崩れだした後は、もう悪いことばかり・・。
最後は、「君は設計に向いていないよ」と役員が言う始末。
面接後、受験者は肩を落として帰りました。
役員「くろたか、いくら人手不足でも、あれを取るとは言わんだろ」
くろたか「人手不足じゃなくても取りたいと思いますが・・・」
大げんかです(笑)
役員「すぐやめるに決まってる。絶対に、あんな奴に設計が務まるか!」
どうやら、受験者が役員の言うことをいちいち復唱したのが悪かったようで相当怒っています。
くろたか「お気持ちは分かりますが、まあ、素直な良い子なので。設計にも向いてると思いますし。」
役員「良い子?かわいそうだっていうのか?なんだそれは!」
別の話題で一時回避。(笑)


双方落ち着いたところで再度プッシュ。
役員「じゃあ、社長からクレームが来たら、くろたかがどうしてもと聞かないのでというけど良いか!」
くろたか「それはその通りなので言って頂いて結構です。怒られるかもしれませんが私はピンときた自分の感を信じたい。誰を入れたって最初は必ず苦労する、同じ苦労するなら自分が納得した人で苦労したいんです。」
涙のことは言いませんでした。
役員「・・・・お前だけじゃない、お前の後任も苦労するぞ!」
首をかしげながら役員は帰りました。
でも、責任を部下に押し付ける人ではありません。
確認しているのです、その覚悟はあるのかと。


少し経ち・・・彼の携帯に電話をしました。
力ない声です。
くろたか「面談の結果は、君も分かってるだろう。役員の答えは良い答えじゃなかった。」
受験者「はい、向いていないと言っておられましたからね・・・」
くろたか「そのことで、自分自身も向かないと思ったか?無理は言わない。でもな、僕も設計者だ。僕は言ったよな、君は設計に向いていると。」
受験者「・・・・」
くろたか「本来、ここまで言うのは、おかしい。でも僕の責任で君を1次合格するので、面談の練習をしないか?今のままじゃあ絶対に2次は受からない。」
受験者「・・・・」
くろたか「そうか、無理ならいい。気にするな。仕事も会社も他にあるからな・・・。」
受験者「そうじゃありません、言葉が出ないだけです。ぜひお願いします!」
何とか絞りだしたその声は、ちゃんと力のある声でした。


2次面接は、11日。
6日の夕方に猛特訓です。