くろたかの目指せ!中小企業診断士

独学で中小企業診断士を目指す中年のブログです。まあ、モチベーションを維持して頑張ります。

うーん、バタバタ

くろたかです。
昨日は、二日酔いの頭を抱えながら客先に打ち合わせに。
打ち合わせを終え、時計を見ると13時40分。
次の打ち合わせは14時だからコーヒーでも飲もうかとコンビニへ。
そのとき電話が鳴る、上司の役員だ。


役員「くろたか、いまどこだ?」
くろたか「客先ですが」
役員「あちゃー戻ってこれないか?15時からそっちに行きたいのだけど」
うん?今日って若手管理職の旅行の日では・・・。
くろたか「えー!来るんですか?」
役員「あー急遽そんな話になってな、まあいいや行くから」
早々にお客様に電話、事情を話して打ち合わせを速めて事業所にとんぼ返り。
取り急ぎ、掃除を指示してコンビニでお茶を買い、歓迎と書いたポスターをはり・・・あっという間に15時。
総勢、30名ほどの団体のご到着。
飲んでるし・・・・まだ仕事中なのに。
まあ、社長もいるし仕方ない。
雨と渋滞で観光予定が大幅に狂ったらしい。
大阪から来た人には久々の人が多く、楽し時間が過ごせたがあっという間の30分ほど。
バタバタ・・・・くたくた。
所員も疲れたのか、皆が定時退社。
そろそろ帰ろうかという時に客先に出ている新人が事務所に来た。
勉強のために本を見せて欲しいという。
仕方ないから21時まで付き合うことに。
入社試験の彼からも電話がありました。
改めて正式に合格通知が届いたようです。


いやー昨日は本当にバタバタでした。
今日はゆっくりと仕事が出来そうだ。
今日は夕方から三鷹で昔お世話になった方の送別会に参加しないといけません。
やっぱりバタバタするかな。


うーん、超二日酔い

くろたかです。
頭が痛い・・・・。


昨日は、浴びるほどにワインを飲み。
記憶が飛んでしまいました。(まずいなー)
そして今朝、超二日酔いです。
昨日のことが思い出せない。
お金もちゃんと払ったのかな・・・。


まあ、覚えていることを辿りますと。
ブログに書いてる彼の二次試験結果は、合格でした。
常務の面談後、彼の学校(職業訓練校みたいなとこ)に採用のFAXを入れて。
すぐに学校の先生から電話を頂きました。
私が引くくらい興奮されていました。


先生「この度は本当にありがとうございます!、なんとお礼を言っていいのか」
先生「彼がアスペルガーのことをくろたかさんに言いたいと相談してきた時に、私は悩んで何でも言えばいいというものではないので黙っておきなさいと言ったんです。でも後で話したと聞いて、もしかしたらそのせいで落とされるのではないかと・・・」


言いたいことは分かります、シビアに捉えればそういう人もいるでしょうから。


先生「それにその時にくろたかさんがその先生は、君のことを思ってそういうことを言ってるんだよ、良い先生だなと言っていただいたという話を聞きまして・・・私は、とても嬉しい、本当にうれしいんです」


言葉はとぎれとぎれで、興奮しておられるので聞き取りにくかったですが非常に心配されていたのだなと思いました。
後でもう一人の先生からメールを頂きました。
昨年の担任の方でした。
↓昨年は、紹介して頂いた生徒さんを学歴が理由で通すことができずに辛い思いをしたのですが、その時の付き合いが今に繋がっています。



すべては、人と人との繋がり・・・人を大事に、忘れず、懸命に、それだけです。
それにしても昨日は、飲み過ぎました。
その後の常務の話が悪かったのかな。(笑)
頭痛い・・・。

うーん、21時の電話

くろたかです。
時計は19時を示しています。
電話が来ません、そうです、この前書いた彼の二次試験が今日なのです。
面接は、大阪で15時には終わっているはずです。
試験後のもろもろを含めても16時には終わっているはずです。
ダメだったのか・・・・何となくそう思いました。
朝から僕なりに面接に出る役員に電話して、フォローはしたつもりでしたが社長によろしくとまでは言えません。


仕方ないか・・・・今日は、リーダMTG。
もう会議も終わろうとする21時過ぎ、電話が鳴りました。
彼でした。
彼「こんな時間にすません、まずは母に言いたくて。」
くろたか「うん、分かった。でどうだったんだ、自分なりにちゃんと話せたか?」
彼「40分面談がありましたけど、この前よりは上手く出来ました」
くろたか「そうか、40分もか!それはすごい。もうそれだけで十分だ」
彼「ありがとうございます、嬉しいです」
くろたか「いいか、結果はまだ分からないし、俺も聞いていない。でも君はあの後、きっと何度も練習をしてちゃんと準備をした」
彼「はい・・・」
くろたか「そして自分ではやれたと感じたんだ。達成感があったんだ。」
彼「はい、本当に感謝しています」
くろたか「じゃあ、今日は大成功だ。後は結果を待とう」
彼「ありがとうございます、今日は朝から緊張して最高に疲れました」
彼のやりきったという言葉に力がこもっていました。
もうこれだけで十分だと私は思いました。
どちらに転んでも今日の事は、彼にとって貴重な体験になるでしょう。
今日は、今期事業所成績について常務が説明に来られます。
昨日の面談に出ているはずですから、結果は聞けると思います。
良い結果を期待して待とうと思います。



うーん、ありがとう さようなら

くろたかです。
毎年ふと気づいたときにメールを送る子がいます。
掲示板で知り合った10歳以上年下の女の子・・・いや今はもう女性だな。
文章はたどたどしく、やたら人懐っこい。
当時35くらい位だったかな~三女が生まれて少し経った頃だったと思う。
掲示板からメールへ色々とやり取りするうちに盛り上がり、会うことに。


まあ、35才ですから大いなる下心をもって(笑)
出会ったその子の顔を見てびっくりした。
「眼球振動」って病気だと言ってた、黒眼がほぼないっていうか目全体が薄く白眼になってるような感じで視力もかなり低いらしく眼鏡でも矯正できないらしい。


名前はYちゃん、Yちゃんはにっこり笑ってこう言った。
「初めまして くろたかさん。ごめんなさい気持ち悪いよね。気にしないで帰るから」
正直、びっくりしたけど何言ってるの、行こうよと店に行った。
段差があるところなどは、手を繋いでそれを教えながら移動した。


あれからもう10年以上・・・毎年彼女にメールを送る。
元気?なんか変化あった?
何度か会ったともある、最後に会ったのはもう3年以上前かな。


昨日、メールを送った、アドレスが無いと返信。
??変更の連絡貰ったかな。
仕方なくショートメールを。
配信済みと出るので表示はされてるはずだけど返事がない。


何かあったのかな・・・。
彼氏が出来たとか、それならいいけど。


しつこいのかもだけど、そのままメッセージを打った。


「この番号Yちゃんじゃないの?」
「違うなら番号消すけど」
暫く待ったけど返事がない、見てはいると思うのだけど。


「もし見当違いならごめんなさい、この番号は僕がずっといつか幸せになってほしいと思っている人の番号なんです」
「だからしつこいかもだけど、メッセージを送っています」
次の朝見ても返事がありません。


「違うみたいですね、ごめんなさい。何かのご縁だと思うので、できればあなたもずっと幸せでいてください、さようなら」


そのメッセージを最後にしようと思った。
仕事をしていると聞きなれない音が鳴る。
メッセージの着信音だ。


「ありがとう さようなら」


たった10文字の短い言葉。
Yちゃんに何があったのかは分からないし、実際相手が誰なのかも分からないけど。
連絡先からYちゃんは消した。
手を繋いで階段を下りたその光景を思い出しながら。

【記事追記】
このブログを見たわけではないと思うけど、今日の昼にメッセージがありました。
よく考えたら相手は番号を消してないですからね。(笑)
どうやら昨年入籍したようです、かなり環境が変わったと書いてありました。
大阪に戻ったら連絡を取り合って食事でもするかと返事を打ちました。
まあ、10年以上こういう付き合いをしている人だから、切れたり繋がったりこんなもんです。
連絡先も復活。・・・下心は無しですから!(笑)