くろたかの目指せ!中小企業診断士

独学で中小企業診断士を目指す中年のブログです。まあ、モチベーションを維持して頑張ります。

うーん、裁けない人

くろたかです。
今日、客先に面談に行きます。
グループを纏めている人ですね。
派遣法で言う指揮命令者って人。


今日、客先から作業時間の連絡が来ました。
何と勤務日数の大半が遅刻になっています。
どういうことだと所員に連絡しました。
所員「すいません、決まり事で必ず始業5分前には着席しないといけないようになってしまって、打刻時間が残っているのですべて遅刻にされたんです」
まあ、言いたいことは分かります。
時間ぎりぎりに着席してすぐ仕事になるのかってことですよね。
でも彼って通勤に2時間くらいかかるんです。
家にちょっと事情のある子供がいて奥さんも働きに出ているから家事は分業。
平日の残業は、ほぼ4H。
平日の睡眠時間は、3.5Hほどだそうです。
特殊な事情なのでギリギリを狙うのは仕方ないだろうと電車遅延なども多いのですが
私は指摘しないで来ました。


決まりは決まりです、でも派遣で10年以上そこで勤めているのですから色々な事情は分かっているはずです。
所員は「その人はいい人だからでも上に逆らえない人で・・・」っとかばうんです。
私は、納得が行きません。決まりは決まりだからと時間は減らす、でも経験があるからと仕事は減らさない。
結果的に割を食うのは、うちの社員。
毎日遅刻扱い、さらし者のようになっているのです。
納得いかないので面談を申し出ました。
電話でしたがいかにも気が弱そうな声です。


今は別の部署ですが過去にその人の下で派遣として勤めていて体調を崩した人がいます。
その人に連絡を取り聞いてみました。
その人は、自分が言ったと言わないでくれと言いこう答えました。
「あの人は確かに悪い人じゃない、でも上に全く逆らわず、仕事も取ってくれない、ずっと自分が悪いと謝ってくれるけど、結果的にすべてこちらに任せる」
そういう人います、責任者になれる人じゃないんです。
ただ、良い人ってだけで人の上につき、信念がない人、悪いことは悪いって言えない人。
「これ有名な話なんですけど、昔あの人の下についてた派遣の人、自殺したんですよ」


定時後所員から電話がありました。
所員「くろたかさん、明日は穏便にすませてください、別にもめたい訳じゃないので」
くろたか「もめるつもりはない、ただ言いたいことは言わせてもらう」
所員「言いたいことって・・・」
くろたか「この前君にも言ったことだ、我々はタイムレコーダーじゃない、人にしか分からない部分を理解し、働きやすい環境を作るのが僕たち管理者の仕事だ、お前を見ている人がそういう思いがある人だと良いんだけど・・・」
所員「いやーあの人は、そういうこと言える人じゃないから・・・」
私が動かないと次に倒れるのは、電話の前の所員だと私は思いました。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。