くろたかの目指せ!中小企業診断士

独学で中小企業診断士を目指す中年のブログです。まあ、モチベーションを維持して頑張ります。

うーん、ありのままの自分

くろたかです。
会社に提出する昇格試験用のレポートを書こうと思います。
その前に部下のレポートの添削を。
稚拙です、文章になっていません。
主語がなく、短文構成でないために途中で読解不可能になる文章でした。
文章も同じ言葉の繰り返し・・・行を埋めるのに目一杯という感じでしょうか。
しかも口語体のため読みにくい。
しかし思いました、これは論文の試験ではありません。
役員が行う昇格面接のネタです。
そこで持論を展開しそれに対して役員とのやり取りを見て管理者としての素養を見るのです。
ならこれで良いかと思いました、彼の色がちゃんと出ています。
部下には、僕が試験官ならこういう質問をすると意地悪な質問を数点しました。
後は、折角だから自分の意気込みみたいなものを書いておけと。
よく考えれば、これは国家資格でもなんでもありません。
長くいる自社の試験です、採点者は上司である役員です。
試験の向けの文章はやめて今まで自分が育ってきたそのままを書こう。
俺は所長をしてるんだ、奢ってはいけないがそのままを書けばいい。
部下の論文を見てそう思いました。
実は、過去の管理者面接で僕は一度落ちているのです。
落ちた理由は、技術力しかない、単なる職人のような人だからというものでした。
あれからいろいろあり、僕は変わりました。
いや、変わろうと思ったのです、メンタルで駄目になって行く同僚を見て。
自分がやらないと皆こうなると思って。
図太いだけが取り柄ですから・・・。
明日は、会社に出てレポートを書こう。
ここ数年、もがきながら、苦しみながら皆で懸命にやってきたあの場所で。
今のままの、ありのままの自分を紙に書くことにしよう。
書くお題は、「管理者としての今までの実績と社のためにこれからすべきこと」
約2000~3000字のレポートです。
がんばるぞ~明日だけど(汗)












×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。