くろたかの目指せ!中小企業診断士

独学で中小企業診断士を目指す中年のブログです。まあ、モチベーションを維持して頑張ります。

うーん、止まらないでも止めなきゃ

くろたかです。
先日お話した「うーん、止まらない」の続きです。
今日、上司との会話をセッティングしました。
1人30分の予定が二人で100分と時間オーバー。
彼女の希望で私は席を外しました。
彼女「くろたかさんがいたら本音聞けないから」
本音を言うと思っているんだ・・・。
話が終わり何かしらやりきった感の彼女が。
「ちゃんと話せました」
何かしら達成感のようなものは感じられます。
そしていつものように定時退社。
皆は残っているのに・・・。


私は3人の娘を持つ父親です。
泣きながら話する彼女を娘を見るような感覚で今日の時間を実現させました。
二人の彼女の上司には、話に意味があるかどうかは別物として私のお願いとして会話して欲しい、土俵に乗ってあげて欲しいとお願いしました。
相手に言いたいことを言えたのか、満足げな表情の彼女。
しかしこれは、一般の会社ではありえないと思っています。
会社は、娘のわがままを聞く団体ではありません。
そして私には、所属の人たちを預かる役割もあります。
一人にばかり注力し、その一人を活かすために残りの所員をないがしろに出来ません。
それを「えこひいき」と思われたら社の規律などあっという間に壊れます。
明日彼女に今後どうするのかと聞こうと思います。
納得したならもう甘いことは抜きで周りに協力しなさいと言うつもりです。
それが私の仕事ですから。


昨日乱れたのがウソのようだー。
うーん、別人28号(これって分からない世代多くない?)




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。